薄毛は医師に頼るべき時代、AGA治療とはどんなものなのか

「薄毛は加齢とともに訪れたり、また体質の都合上仕方ないという理由から諦めて薄毛であることを受け入れる方もいます。ですが医学の進歩とともにこれらAGAを治療する方法はいくつも発見されていますので、いまや薄毛治療を受けるのがおすすめの時代です。」

・薄毛は医師に頼るのが大切です

日本人の特性でもありますが、忍耐強くコンプレックスなどを我慢する傾向があり、多くの方が薄毛治療を受けずに耐えている状態です。

日本人の3人に1人が薄毛に悩んでいる傾向があります。

そしてこれら薄毛は医学的根拠のもとに治療することができるため、クリニックを頼るのがおすすめです。

よく言われているのが植毛などの方法ですが、これだけではなく注入治療、またいま一番メジャーなのが投薬による治療です。

髪の毛を生やす薬ときくと、まだ馴染みのない方にとってはどこか嘘くさいような感じがするかもしれませんが、実際AGA治療薬は既に認可もおりており、2005年から利用されているものとなっています。

勿論クリニックで出しているものなので安心安全、市販のものと違いきちんと医学的根拠のある治療薬として処方されています。

これら治療薬を用いることでAGAは治療可能となっており、勿論早期の段階から治療可能、進行した場合でも内服薬の種類や数を変えることにより対応できるためAGAの症状はクリニックにて改善できるものとなっています。

またこれらの治療は身体の中から改善していく治療法なため、痛みも伴わず本当に投薬で解決出来る治療法となっています。

これで改善がみられるのは全体の約7割、多くの方が発毛を実感しているので多くのクリニックが投薬での治療法を推進しています。

またこれで改善できなかった場合にはほかの植毛や、直接頭皮にアプローチする治療法ありますのでこれらの治療と併用することで発毛を促すことも可能です。

AGAは特に身体的な苦痛もなく、病気というものではありませんがここからくる精神的な苦痛やストレス、コンプレックスは予想以上に大きいものとされています。

またAGAは早いと20代から進行するもので、特に独身男性にとって若いうちから薄毛が目立つと女性の視線がきになるものとなります。

もちろん薄毛を気にしない女性もいますし、海外ではあまりAGAは気にされていない傾向があるのでその価値観を取り入れられればいいのですが、日本人にとってAGAは重大な身体的コンプレックスになりやすいものなので出来ることならば治療をしたいいものとなっています。

ですがクリニックに尋ねるのが恥ずかしい、治療代がどれくらいかかるかがわからない、そういった状況からクリニックに足を運ぶのは難しいものです。

ですが事前にこれらをきちんと知っておくことでクリニックに通うハードルは幾つか下がるものとなっています。

そのためにもしっかり事前にAGA治療のことを知っておき、適切な時期に治療を受けられるようにするのが理想的です。

またクリニックに事前に電話問合せをしっかりしておいて、不安な点を解決しておくのも手です。

保険適用外であるAGA治療は本人の計画の元に行われます。

クリニックに通う意思をもつのもご本人次第で、本人の計画のもと投薬が始められますのでしっかり自分で確認しておくのも大切です。

長期に渡ることが多いAGA治療は何も知らないまま受けるのはリスクが少々高いので、信頼できるクリニックを探すコツなども把握しておきたいところです。

身体的コンプレックスになりやすいAGA、医療で治すことは十分可能なので信頼できるクリニックで早期に治療を受けるのをおすすめいたします。

・薄毛治療にかかる費用は?

薄毛治療は保険適用外の治療となります。そのためしっかりクリニックの費用を調べてから金銭的コストを負えるかどうかも把握しておきたいところです。

そこで気になるのが薄毛治療の相場です。

なかなかこれらの相場も調べないとわからないもので、予想をすることは難しいです。

AGA治療は進行度合いによって治療方法がかわりますので、その進行度合によって投薬の種類が変わります。

早期治療の場合発毛を目的としていないことが多く、抜け毛予防などを意識した治療となります。

その場合は費用は非常に軽微で、月一回の通院と3000円程度の内服薬の料金になってきます。

これが発毛治療となると15000円~の費用が必要になりますが、早期の段階なら安く治療を受けられるのでクリニックでは早期の治療を推奨しています。

この推奨する理由も勿論あり、これら投薬治療は投薬をやめてしまうとまた元の薄毛、抜け毛などの症状が出てしまう為です。

そのためAGA治療は本人の希望する期間行われるものであり、投薬を辞めるタイミングも本人次第となっています。

そのため人によっては長期の治療となりますので、費用の計算は重要となるのです。

また投薬以外にもかかる費用がカウンセリング料や血液検査の費用です。

これらも含めた料金を提示しているかどうかを確認しなければ、実際にかかる費用が予測できないのです。

そのためクリニックのホームページを見て安い料金をただ選ぶというのはあとで追加料金が複数かかってしまう場合もあり、当初の予定の費用を大きく上回ってしまうことがあります。

AGAクリニックは信用は勿論ですが、きちんとしたクリニックでも実際の料金はほかにかかる事がある、というのはよくあることです。

そのため事前にしっかりそれらの費用も問合せておくのが大切で、また治療をいざ開始した場合でも納得のいく説明を受けられる、そんなクリニックを選べると長期の治療が負担にならずに順調に進みます。

何事も不明確な場合不安が走るもの、AGA治療も本人の意思によって期間が決められる治療です。不明確なことは残さずに納得のいく治療を受けるためにも聞くべきことをきちんと聞けるよう事前に調べておきたいところです。

・使用する薬と副作用はどんなもの?

AGA治療で多用される薬は勿論医学的根拠のあるものとなっていますが、少なからず副作用も報告されています。

万が一副作用が出た場合、代替え治療も受けられるので問題はありませんがきちんと知っておくことで自分自身も気にかけることができるので知っておく必要はあります。

ですがAGA治療薬による副作用は発生する確率は低いものとなっています。

そのためあまり副作用を怖がらずに、まずは投薬を始めてみるというのも有効です。

ではAGA治療で使われる薬はどんなものがあるのか。

まずはプロペシアに代表されるフィナステリド、これはDHTという薄毛の原因の生成を抑えることによりAGAの進行を遅らせるのを目的とした薬となっています。

これともう一段階DHTの生成を阻害する作用が強いザガーロ代表されるデュタステリドという薬もあり、よく用いられてる内服薬となっています。

これらは同じような副作用がありますが、効力に比例してその副作用の発生率が異なります。

それで発生するとされている副作用は性欲減退、ED、射精障害、精液量減少ですが効力と副作用がやや高く報告されているデュタステリドでも最も起こりやすい副作用のEDの発生率で4.3%、これは全体を見てもかなり低い数字ということがわかります。

AGA治療薬で主に用いられることが多い内服薬はこの二つですが、他にも書法される薬はあります。

いずれも副作用をきちんと説明を受けて理解し、その上で治療を受けられますので安心してAGA治療を行うことができます。

副作用の発生によって違う治療法も受けられますので身体に負担の無い治療法をクリニックで模索できます。